ジャパニーズベトナミーズ

週末、軽くお昼に何を食べようか?と考えたときに、アメリカ(San Jose)にいた頃だったら、飲茶とかベト麺とかに行けたのになぁ・・・と、日本のベトナム料理として有名(!?)な蒲田ミレイ・・・よりも、通が選択するという(らしい?)Thi Thi に行ってきました。2度目くらいかな??

空芯菜の炒め物

ほとんど中華というか、中華(特に台湾料理?)にも、タイ料理にもあるような感じだけど、これがニンニクがすごく効いていて美味しかった!

魚の生春巻き

ベトナム料理として有名な「ゴイクーン」は「エビの生春巻き」なのかな?こちらは別の名前でした。(「クーン」がエビだとすると、タイ語と似ているのかな??)

「サイゴン風」の Pho だそうな

美味しかったんだけど、自分でぶっかける生のもやしやバジルも、ライムもついてこないし、パクチー(ベトナム語ではなんというのだろうか?)も全然入っていない・・・なんとも「お上品」なお味でした。

もしかすると、「サイゴン風」というのは、こういう「お上品なやつ」なのかもしれませんが、そして僕はベトナムには行ったことがないので、偉そうなことは言えませんが (^.^;)、少なくともアメリカの(San Jose の)「ベトナム人街」で食べた Pho の方が、ずっと「ベトナムらしい」(のではないか?)と感じました。

タイ料理でも、中華でも、(カレーでも?!)なんでもそうなんだけど、日本の「各国料理」の素晴らしいことは、すべて日本人が食べて美味しいと感じるようなアレンジがされていることだと思うのですが、「アレンジされていない物」、「オリジナルの味に忠実な物」という選択肢もあってしかるべきだと思うのです。

その点アメリカは(もちろん、「アメリカナイズ」されている各国料理もありますが)、さすが「人種のるつぼ」だけのことはあるのでしょう、それぞれの「お国柄」を引きずったコミュニティーがあり、それぞれのお国柄に合わせたレストランがやっていけるだけの市場があるんでしょう。

日本で「タイらしいタイ料理」には、それなりに出会うことができると感じているのですが、不思議なことに「ベトナムらしい」ベトナム料理が見つからない orz

いや、もしかするとあれは「アメリカンベトナミーズ」だったのかもしれないけど、それならそれで構わないから「アメリカのベトナム人街で食べられる Pho」と同じものが食べたいよぉ!!

カテゴリー: 料理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA