SmartBand Talk

やっと白が発売されたので購入、水曜日に届きました (^.^)

買って良かったことは、みんなから「なにそれ?!」(知らない人)とか、「おぉ!買ったの?!!」(知ってる人)とか言われること・・・ (^.^;)

正直言って「とても高いおもちゃ」ですかね?実用性はどのくらいあるのか?取得している “Life Log” は、どのくらい正確なのか??まったくの未知数です・・・というより、不正確で実用性なさそうな・・・ (^.^;)

もうひとつのウリの音声認識ですが、使い勝手が悪いのと、聞いてくれる「コマンド」の種類が限られているのが「惜しい」です。アップデートで少しでも良くなれば、ある程度「実用」に使えるようになって、嬉しいところなんですが・・・

不満点をあげてみると・・・

  1. 音声コマンド受付までの手間が多すぎる
    まず、(ホームの次に音声コマンドアプリを置いている、最短の場合でも一回)「機能ボタン」を押して、さらにバンドをタップし、「お話しください」と言われるのを待ち、さらに少し後の「ポロロッ」という受付音を待ってからでないと音声を受け付けてくれません。
    「ライバル」 Google は、いつでもいきなり “OK Google” というだけで、かつ、それに対する「ピポッ」という受付音の直後から受け付けてくれます。
    省電力の都合や、処理能力の差などがあるにしても、最低でも、「タップするだけ」とか「ボタンを押すだけ」で、かつ「お話しください」の直後からコマンドを受け付けて欲しいです。
  2. 受け付けてくれるコマンドの種類が少なく、かつ実用性に乏しい
    受け付けてくれるコマンドは、ヘルプ機能によると以下の11種類のようです。

    • 日付/時間(「今日は何日?」/「今何時?」)
    • 天気(「東京の天気は?」)
    • 電話(「田中さんに電話」)
    • 不在着信/折り返し(「電話あった?」/「折り返し電話して」)
    • SMS(「メッセージ読んで」)
    • スケジュール(「予定教えて」)
    • アラーム(「6時に起こして」)
    • タイマー(「タイマーを3分に設定」)
    • 電池残量(「バッテリー残量は?」)
    • 携帯電話検索(「電話どこ?」)
    • ヘルプ(「使い方教えて」)

    しかも「ヘルプ」コマンドを使うと、結果は音声ではなく、スマホ本体の方に表示されます (^.^;)
    対する Google は、全貌は良くわからないけど、少なくとも、僕が試した限りでは、以下の様なものが「特別に」受け付けられるようです。

    • 時間(「今何時?」)
    • 天気(「明日の天気は?」)
    • アラーム(「3分後にタイマーをセット」、「9時半にアラームをセット」)
    • 計算(「ルート5は?」)
    • 単位変換(「1オンスは何cc?」)
    • 交通状況(「品川から渋谷の交通状況は?」)
    • 食品のカロリー(「ラーメンのカロリーは?」)
    • 株価(「ソニーの株価は?」)

    「特別に」という意味は、これらは音声読み上げて答えてくれたものです。音声で答えてくれない場合でも、とりあえず認識した言葉を、そのまま「Google 検索」してくれます。

  3. 肝心の行動計測の精度が低い
    腕につけているせいか、歩数の精度も、歩いているか止まっているかの精度も非常に低いように感じますし、期待していた睡眠パターンも、寝ていた時間に起きていることになっていたりして、結構怪しく感じます (-.-;)
    また、コマンドを起動するための「タップ」に対しても、なかなか反応しないことが多いかと思えば、うっかり手を振った程度で反応してしまうこともあります。
    これはアップデートで直る可能性は非常に低いか、チューニングできても「そこそこ」程度でしょうから、期待でき無さそうですね・・・

音声コマンドの優劣を Google と比較すると、Google にはないメリットとして「いわゆる検索」でわかること『以外』のことができること、つまり電話機自体の音を出したり(電話機の位置をみつけたり)、不在着信を確認したり、電話をかけたり(さらにはハンズフリーで通話できたり)、メッセージ(ただし SMS のみ)を読んだり、スケジュール(Google Calendar)を確認したり、電池残量を確認できたりすること(なぜか、アラームセットだけは Google でもできるが・・・)なんですが、「惜しい」のはメッセージが SMS のみで、email はわからないことや、「電話を探す」ようなことは滅多にないことなど、実用性のあるものが非常に少ないことですね。

一方、Google は「特別に(音声で)」対応してくれることだけでも、結構なバラエティーがあることと、対応できないものは、「とりあえずその言葉そのまま検索してくれる」ことで、「何もできません」ということは一切ないことですね!(検索は「スマホ本体画面」に出てくるわけですが、そういう意味では SWR30 も「ヘルプ」に関しては本体画面に出すのだから・・・)

あと、Google は「タイマー」と呼ぶのも、「アラーム」と呼ぶのも、どちらも同じ Android の「アラームと時計」アプリ(その手のアプリが複数ある場合は、最初に default 設定を選択する)にセットされ、「◯◯時」でも「◯◯分後」でも受け付けるのですが、SWR30 ではなぜか別の機能にセットされ、かつ「アラーム」の時には1時間以上先の「◯◯時」しか選択できないという謎の仕様で、すごく理解しづらいし、使いにくいです。さらに、機能上仕方がないのですが、「タイマー」(こちらは Google と同様、「アラームと時計」アプリに設定されるが、「絶対時刻」を受け付けてくれないようで、「◯◯分後」しか受け付けないっぽい)が鳴るのは本体のみなんですね・・・ (-.-;)

一方、「アラーム」は SWR30 独自の機能の「スマートウェイクアップアラーム」に設定されるので、「眠りが浅い時に起こしてくれる」という、時間の「ブレ」が生じるのと、default でバンドから「音」が出る設定になるようで、うるさいのがイヤです。SWR30 のバイブは結構強力なので、default「バイブのみ」にしてくれればいいのに・・・これは、どうも「スマホ本体」から設定変更するしかないっぽい orz

というわけで、SWR30 の「音声コマンド」で、実用的に使えるのは「ほとんどない」と言っても良いくらい。「今何時」を聞くためには、時刻が表示されているホーム画面から機能ボタンで音声コマンドを呼び出してから「聞く」わけで、わざわざ「聞く」前に「見えて」いるので、ほとんど意味がないですし、「今日何日」を聞くくらいなら、「カレンダーアプリ」を機能ボタンで選んで見るほうが早いし、アラームとタイマーは上記の通りで使いにくいし・・・本当の意味で実用になりそうなのは「予定」くらいかなぁ?バッテリー残量は嬉しくないわけではないけど、そんなに嬉しい訳でもないというか・・・

結果、プライベートな「予定」をデモるわけにもいかないので、人から「何ができるの?」と聞かれると、「お天気は?」くらいになってしまうわけで、ある程度知ってる人からは「あぁ、やっぱりその機能しか使わないよね」的な反応が・・・ orz

結局一番役に立っているのはスマホ本体で受けたものの Notification 機能かも?(スマホ本体のバイブでは弱いので、気がつかないものも、確実に気づかせてくれますし、直後なら簡単な内容も見られますし・・・)

残念なのは「直後」しか Notification が見られないことで、「Notification の履歴確認機能」が欲しかった・・・

あと「バイブで起こしてくれる」スマートウェイクアップアラームも、それなりに役に立っている気がします。(その「スマート」度合いには疑問はありますが・・・ (^.^;))

カテゴリー: コンピューター パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA